賃貸リスト

賃貸と購入の違い

住宅については一生賃貸にするか購入するかという選択肢があります。それぞれメリットデメリットはありますが、賃貸のメリットは住み換えることが圧倒的に簡単ということがいえます。契約期間による制限はありますが、それを除けば簡単に住み換えが可能です。購入の場合も住み換えは可能ですが、売却には時間がかかるのが一般的ですので簡単にはいかないケースが多いでしょう。住み換えをするタイミングがあらかじめ決まっていればそれほど差がないともいえますが、隣人との折り合いが悪くなったり、転勤になるケースでは、急な住み換えが必要になります。その時には借りているメリットが活きるでしょう。 また、賃貸物件の場合は管理の手間がほとんどかからないというメリットもあります。購入した場合は自分でその住宅の修繕等の維持管理を行う必要がありますが、借りている場合は建物のオーナーが修繕等の管理を行うことになりますので何も考える必要はないでしょう。 さらに、購入の場合は所有権の登記手続きや固定資産税の支払等の処理が必要になりますが、借りている立場であればまったく考慮する必要もなく、相続に関しても手続きの心配がないというメリットがあります。

お役立ち情報

札幌の賃貸住宅の魅力は、賃貸の一戸建てやマンション、アパートなど、色々な住宅が存在しており、選択肢が広いことです。

函館市の賃貸は、駅周辺に中心にマンションタイプが多く点在します。家賃はワンルームタイプで約3万2千円ほどが相場です。

帯広の賃貸マンションは格安、礼金も少ない場合が多いので特に人気があります。交通も便利ですし注目されています。

網走は道内でも最も厳しい冬を過ごさないといけない地域なので、網走の賃貸物件を探す時は、冬重視で探すと良いです。

 

賃貸契約の流れ

賃貸アパートを借りる場合には賃貸契約をすることになりますが、そこまでの流れを知っておくことは実際に契約する立場になった時に役に立つでしょう。まずは自分の住みたい地域で物件を探すことになりますが、その街の不動産屋に行って希望を言って紹介してもらうのが一般的です。ネット等で情報を得た場合は、サイトに表示されている不動産屋に連絡をすることになります。 その後は、内見できる状態であれば現地へ行って物件の確認をし、希望通りであれば契約の段階に進みます。契約の準備と並行して、いろいろな書類を不動産屋に提出することになりますが、ほとんどが家賃を継続して支払いできるかどうかの確認のためのものです。また、通常は保証人が必要になりますので、親や兄弟などに依頼します。書類については収入や納税の証明書や身分証明書が求められます。 それらがクリアになると契約書を確認する段階になります。宅地建物取引士の資格がある人が重要事項を説明することになっていますので、しっかり聞いておくことが必要です。疑問があればここで確認をしておきましょう。その後は家財保険の手続き等をして契約書に印鑑を押し、現地で物件のキズの確認が終了したら、鍵をもらって手続きが終了します。